サーバーの選び方って?

ウォーターサーバーを選ぶ場合、次のといったことに注意してください。

・ランニングコスト
・サイズ
・水の種類(時には新しく発見されることもあるようです)
・ボトルの種類

ウォーターサーバーのランニングコスト(導入するためのコストは、イニシャルコストと呼びます)は業者によって異なります。水代やサーバーのレンタル代が高いと想像以上にお金がかかります。

業者をしっかりと比較して、どこが安いのか確認してください。

ウォーターサーバーを導入する際に気をつけたいのがサイズです。サイズが大きいと設置所に困ってしまい、邪魔だと感じる事もあるそうです。使用頻度が少ないのであれば、コンパクトサイズを選ぶというのも良いでしょう。

ウォーターサーバーの水にはRO水と天然水の2種類です。

RO水とはろ過して作られた水のことで、天然水とは極力人の手を加えずに製造された水のことです。一般的に天然水の方が値段は高いだからって、美味しいになるんです。

ウォーターサーバーをボトルの種類で選ぶのもいいでしょう。ボトルには使い捨てタイプとリサイクルタイプの2つがあると思います。使用後の処理を考えると使い捨てタイプの方が楽です。